Archive for : 4月, 2015

お得な価格でピアノ買い取りをしてもらえました

 

急にお金が必要な状態になってしまい、そのお金を工面する為にピアノを売りに出すことにしました。
元々、あまり使ってもいなかったので躊躇いはなかったので出来るだけ高く買ってくれそうな、ピアノ買い取り業者を探すことにしました。
その結果、高価買取をしてくれそうな業者を見つけることができたので、買取をしてもらうことにしたのですが価格交渉もじっくりと行ったのも良かったのかお得な価格で買取をしてもらうことができ、対応も丁寧だったこともあってとても満足しています。

20代 男性 介護士

 

ピアノ買い取りは輸送費込みの価格なのでお得です

 

何かと物入りでお金が必要になったため、弾いていないピアノを処分することにしました。
自分で処分すると輸送にかかる費用を自分で支払わなくてはいけないのですが、ピアノ買い取りに依頼をすると、買い取り価格の中に輸送の費用が含まれていますし、業者さんが運び出してくれるため手間もはぶけて、費用を支払う必要もありません。
依頼した業者さんはとても丁寧に対応してくださって、納得のいく価格で買い取りをしてもらうことができました。

30代 女性 会社員

 

ネットで買取価格を調査し一番高かったピアノ買い取り業者

 

私は家族と共に、この度引っ越しました。
一戸建てからマンションに引っ越したのですが、かなり手狭になりました。特にピアノに関しては、ほとんど一部屋つぶれてしまうのでどうするか悩んでおりました。
娘も最近は弾かなかったので、手放すことに賛成してくれました。
ネット買取価格を調査し、一番高く買ってくれそうなピアノ買い取り業者に相談しました。
話はとんとん拍子に進み、結局そこで買い取ってもらいました。
少し寂しい気もしましたが、部屋が広くなり私も家族も満足です。

40代 男性 運送業

 

相場を知りたくてピアノ買い取り業者に依頼

 

私が子供の頃使っていたピアノですが、ずっと使わずに置いてあったので、この度売ることに決めました。
相場を知りたかったので、ピアノ買い取り業者に依頼をかけてみました。
初めて問い合わせたにもかかわらず、そのピアノ買い取り業者はとても対応が良く見積もりも良かったのでお願いすることにしました。
取引もスムーズに終わり、お金もすぐにいただけました。
万事うまくいったのですが、少しだけ寂しさのようなものが残りました。

30代 女性 アパレル

 

信頼できるピアノ買い取り業者に相場で売りました

 

私達が所有していたグランドピアノを、新しく買い換えることにしました。
ピアノ買い取り業者に相場を聞いてみると、私達のピアノはプレミア的な価値があるらしく、高額で買い取ってくれることが判明しました。
その業者は以前にも取引した経緯があり、信頼できる業者であることは知っておりましたので全面的にお任せすることにしました。
私達のピアノには少し故障している部分もあったのですが、見積もり通り高額で買い取っていただきました。

40代 女性 看護師

 

楽ちんなピアノ買い取りは相場よりも高かったです

 

娘が小さい頃に弾いていたピアノがまだ家に置いてあります。
たまに帰った時には弾いてはいるのですが、それも数年に一度のことです。狭い家なのに、大きなピアノがあっては邪魔で仕方ありません。
それで、ピアノ買い取りをお願いしました。
ピアノ買い取りでは、私は何もすることもなく、全て業者のスタッフの方が行ってくれるので、とても楽ちんでした。
ピアノ買い取り価格相場よりも高くて、とても良心的だと感じました。お願いして良かったです。

50代 男性 建設業

 

子供が使わなくなったらピアノ買い取りはおすすめです

 

子供が「やりたい」と言うので始めさせたピアノですが、すぐに飽きてしまいました。
せっかく高いお金を払って買ったピアノがもったいなくて仕方ありません。
ピアノをずっと置いておくにも場所もありませんし、メンテナンスも大変です。
それで、ピアノ買い取りをしてもらうことにしました。
すぐに対応してくれ、あっという間に引き取ってくれました。
部屋は片付くし、臨時収入手に入るし、とてもおすすめです。ピアノ買い取りしてもらって良かったです。

20代 女性 学生

 

子供が弾かなくなったのでピアノ買い取り業者に見積もり依頼

 

家の応接間に大きなグランドピアノがあるのですが、子供が大きくなるに連れて段々ピアノから遠ざかり、ついに完全に弾く人がいなくなってしまいました。
無駄に大きいのでスペースも取ります。
私は思い切って処分することに決め、ピアノ買い取りをしてくれる業者に見積もりを依頼しました。
申し分ない金額だったので、売ることに決めましたが、何となくあったものが無くなるのは寂しいものです。
そんな気持ちを察していたのか、スタッフの人はとても丁寧に作業してくれました。

30代 男性 会社員

 

子供が使ったピアノの処分にピアノ買い取り業者を比較

 

引越しを契機に長年家にあったピアノの処分を考えました。
子供も嫁いでいき弾く者もいなくなったので、この機会に処分するのが適当だと思えたのです。
インターネットを利用して、ピアノ買い取り業者を何社か比較してみました。
ピアノ買い取り業者を比較するにあたって私が重視したのは、金額よりもむしろ次にそのピアノを使う人に安心して引き継げる業者を選別しました。
最終的には誠実そうな業者に買い取ってもらいました。
少し寂しい気持ちもしますが、これで良かったです。

40代 男性 自営業

 

139317

 

不要なピアノの買い取りを依頼するとき、少しでも高い値がつけばうれしいですよね。
だけど、長年使われていないと部屋の隅でホコリをかぶり、素人目に見ても残念な状態になっていたりします。
そこで今回はピアノのお掃除術をお知らせします。
事前にしっかりお掃除をして、外見を綺麗な状態にしておくと、管理がいいと判断され、査定価格がよくなる傾向にあります。
ぜひ最後まで読んで、実行してくださいね。

 

★拭き取ってみると意外とついているピアノ隅々までホコリをとろう

基本中の基本ですね。ピアノ用の羽毛もしくは市販のハンディモップなどでホコリを払います。
固い布でごしごしこすると細かい傷がついてしまいます。ふわふわのモップでやさしくなでましょう。

 

★ピアノの鍵盤をふく

普段は乾拭きだと思いますが、今回はピアノの売却という節目の時。
ぜひ濡れぶきでしっかりとお掃除しましょう。
汚れが気になる場合は石鹸水をしみこませた布を使います。
シミや汚れが気になるからといって、市販の洗剤を使用すると、鍵盤である木が痛む原因となります。
表面のコーディングが痛んだり、変色するケースもあるようです。気持ちはわからないでもないですが、絶対にやらないでくださいね。

 

★ピアノ全体を拭き掃除

ピアノ用のワックスを布にとり、拭いていきます。またピアノ専用のクロスがあれば良いですが、なければ柔らかい布でも大丈夫です。
クロスの場合は面が分かれている場合があります。よく確認しましょう。
その後、乾いた布で仕上げ磨きをします。

 

★ピアノ掃除の番外編

ピアノの中に鉛筆やヘアピンなどの小物が入り込んでしまうことがあります。
ひどいときにはゴキブリや蜘蛛、やもり、ネズミなどの虫や小動物の巣ができてしまうことがあります。
ピアノはあちこちに隙間があるために、こういったことは珍しくない事態です。
気持ち悪いからはやく掃除したいと思いますが、そこはぐっとこらえて手出ししないほうが賢明です。
というのも、ピアノの鍵盤の下の板や、底の板を外し、掃除機などで吸い取る際に部品を吸い込んでしまったり、ピアノ内部を痛めてしまう可能性があるのです。
内部がかじられている場合には、布や木のかすが痛み具合の判断材料の一つとなる場合もあります。
手出ししないで、買い取り業者に正直に申告し、判断を仰ぎましょう。

 

★ピアノ買取のお掃除術まとめ

ピアノ買取のお掃除術をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
業者によっては、ピアノの置かれている部屋の状況やピアノの外見をみて、ピアノが大事に使われてきたのかどうか、管理状況はどうかなどの要件を確認します。
たかがお掃除とあなどらず、しっかりお掃除することでピアノ買取時に高額査定が出ることでしょう。

139289

 

ピアノの買い取りを依頼するとき、どうしたら少しでもよい値段が付くでしょうか。
もちろん、新しくて、状態がよいものが一番ですが、古かったり、使い込まれたピアノでも思わぬ高値が付く場合があります。
そこで今回はピアノ買い取ってもらう際の5つのポイントをご紹介します。

 

★ピアノを綺麗に掃除しておく

これは、基本中の基本です。埃がたまっていたりすると心象が悪いです。
また、鍵盤など普段はあまり掃除しない場所も念入りに行いましょう。
査定をする方も人間なので、綺麗なピアノは当然、買い取り価格もよくなりやすいです。
ただ、傷などはよほど大きくない限りあまり査定価格には影響しないようですので、ご心配なく。

 

★ピアノの付属品をそろえる

ピアノの付属品、つまりピアノの椅子や、鍵盤にかける布などです。
こちらも揃っていればいるほど買い取り価格は良くなるでしょう。こちらの付属品も可能な限り綺麗な状態でスタンバイしましょう。

 

★様々な会社から査定をとる

一見、面倒くさそうに思えてしまい、まぁ1社でいいか、となりがちですがちょっと待って下さい。
数千円、ときには数万円も損してしまうかもしれません。
じつは簡単な方法で多くのピアノ買い取り会社に見積もりがとれるんです。
それはインターネットで数社の査定が一括でできるサービス。これを使えば20社、30社でもすぐに見積もり手続きができます。
会社によって得手不得手のブランドがありますので、会社の知名度はあまり関係ないようです。
また、ちょうどお客さんが購入したいとリクエストがあったタイミングであなたの売却の打診があれば、思わぬプレミアム価格で買い取ってもらえる可能性もあります。

 

★納得いかないときは時間差で査定

上記しましたが、ピアノの売却も、需要あっての物ですので、リクエストが出たタイミングで売却するのが一番です。
また、業者の在庫状況によっても査定が変わります。時間に余裕があれば時期を変えて何度も査定を行いましょう。

★運搬状況を確認する

ピアノを運搬する際に、階段の有無、あるなら何段か、マンションならエレベーターの有無など、家の状況を聞かれます。
詳しく答えておかないと、当日運搬料金という名目で買い取り価格が減る可能性があります。
「一戸建で家の前に何段か段差がある」「一戸建ての2階においてある」「マンションの間口が狭い」など、ピアノの運搬上難しいと思われる点は事前にしっかり伝えましょう。

 

以上、5つのポイントを実行すれば、ピアノの査定価格がUPするかもしれません。
数万円単位の差が出ることもありますから、時間にゆとりをもって行動しましょう。

 

★ピアノ買い取り 査定UPのためのまとめ

ピアノの買い取り時に査定UPするためのポイントを5つお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。
少し面倒くさいと思われるかもしれませんが、これらのことを行うだけで、何千円、場合によっては何万円もの査定UPが見込めるでしょう。ぜひ試してみてくださいね。

092306

 

電子ピアノやエレクトーンって使わなくなったまま部屋に置きっぱなしになっている、という方、多いですよね。
買い取りを依頼しようと思いながらも、なんとなくそのままになっていたりして…。
だけど、買い取りのためのステップは意外に簡単です。
今回は買い取りまでの手順と、査定UPのコツをご紹介します。

 

★買い取りまでの手順①引き取り金額を交渉しよう!

電話かインターネット上の入力フォームにて、ピアノの型番やメーカーを伝えて査定を依頼します。
もちろん、数社に査定を依頼して、合い見積もりをとるのは基本中の基本です。
なお、他社の査定額を伝えると、自社の査定額をUPしてくれる場合もあるそうです。
交渉が得意な方は担当者と直接話してみると良いでしょう。
注意することは、本体の傷です。小さなものなら問題ありませんが、目立つものだと査定価格が減る場合があります。
目立たないようにと、自分で補修するとかえって査定が下がる場合もありますので、正直に申告することをおすすめします。

 

★買い取りまでの手順②ピアノを郵送しよう!

値段の折り合いが付いたら、運送です。
電子ピアノやエレクトーンの買い取りには、店頭買い取り、宅配買い取り、出張買い取りの3種類があります。
特に店頭買取であれば査定価格がぐんと上がります。
車の用意などハードルは低くないですが、業者によっては査定価格を20%UPしてくれるところも!
裏ワザとして、自分で宅配業者の合い見積もりをとり、買い取り業者に送付するということもできます。
査定価格や買い取り業者の定める運搬料と比べて、一番お得な方法を選びましょう。
数千円以上の差がでますよ。

 

★買い取りまでの手順③お金を受け取ろう!

ピアノが無事に引き取られたら、買い取り価格を受け取ることができます。
銀行振り込みと、現金手渡しの業者に分かれるようです。
選択可能な場合もあるので、要確認です。

 

★査定UPのための4つのコツ

査定UPを目指すなら、以下の4つのコツをおさえると良いでしょう。
特に難しかったり複雑な手順はないので、手を抜かずに実行してくださいね。

1.     掃除する

キーボードの隙間のほこりなど、普段掃除しないところまで念入りに綺麗にしましょう。

2.     付属品をそろえる

椅子はもちろん、楽譜たてなど付属の部品があればできるだけ揃えておきます。

3.     すぐ行動しよう

電子ピアノやエレクトーンはねかせておくとプレミア価格が…なんていうことはあまりありません。
年月が経つにつれ、査定価格が下がっていきます。必要でなくなったら、すぐに査定を依頼しましょう。

4.     数社から見積もりをとり、交渉

上記しましたが、数社から見積もりを取ることが大事です。
フォーマットから入力すると、数社同時に見積もりをとれるサイトを利用すると手間が省けて便利です。
倉庫の在庫状況や、買い取り希望のニーズにより査定価格が変わる場合もあるので、会社の知名度に惑わされず、出来るだけ多くの会社から見積もりを取りましょう。
そして、配送の手数料などを考慮したうえで、査定価格が一番よいところで依頼しましょう。

 

★ピアノ買い取りの手順と査定UPのコツまとめ

ピアノ&エレクトーンの買い取りの手順と査定UPの4つのコツをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。楽器を売るという場面は人生の中でも幾度とない経験で、どうしたらいいかわからない方が多いかと思います。本記事を読んだ上でしっかり準備して、高値で引き取ってもらいましょう。

038833

自分が使っていたピアノを中古ピアノの買い取り業者に売る、そんな経験は人生に幾度もはなくノウハウなんて誰からも教えてもらえません。
だけど、ピアノ購入の際は数十万円〜100万円以上のお金を払ったのですから手放すにしてもせめて少しでも手元に戻したいと思われますよね。
そこで今回はピアノをアップライト、グランドピアノ、エレクトーン・電子ピアノの3つのカテゴリーに分けて、簡単な特徴と中古ピアノ買い取り業者の対応を紹介していきます。

アップライトピアノの買い取りを希望する場合

日本では一番流通量が多いピアノです。
ブランドによって、業者の得手不得手がはっきりとわかれます。
その業者が日本市場のみ対象としているならば、ヤマハやカワイなどの日本ブランドのピアノを高く買い取ってくれる傾向にありますし、海外市場のみ対象としているならばインテリア性にあふれた木目が美しいものや白色のピアノを高く買い取ってくれるでしょう。
また、海外と一口にいってもアジアかヨーロッパかアメリカかでも好みは別れます。
そして、日本市場と海外市場を両方手がけている会社もあります。

グランドピアノの買い取りを希望する場合

グランドピアノはハイスペック層に好まれる楽器です。
場所をとり、値段も高い分、プロの愛好家たちには根強い人気があります。
そのため買い取り業者にも好まれる商材です。
ブランドによってはプレミア価格がつき、年を追っても新品と同様の価格で、もしくはそれ以上の高値で取引をされるケースすら見られます。
しかし、ピアノ愛好家が好むがゆえ、保有期間がさほど長くなくても内部の弦や鍵盤が摩擦で悪くなり内部の全面修理が必要となる場合があります。
また、日常的な調整時でも、高い技術力が要求されます。そのため、修理・調整の高い技術を持っている業者が扱いを得意としていると言えます。

電子ピアノ・エレクトーンの買い取りを希望する場合

電子ピアノ・エレクトーンはアコースティックピアノと比べ、買い取りをしてくれる業者はそんなに多くはありません。
といっても、中古の電子ピアノ・エレクトーンの売買を専門としている業者もあります。
注意点としては、基本的に新しめのもの、できれば10年以内のものでないと引取りが不可能であったり、処分料を請求される場合があるということです。

業者によってピアノ買い取りには得手不得手があるまとめ

ここまで、中古ピアノ買い取り業者の裏事情をまとめてきましたが、このような事情をホームページで公開している会社はあまりありません。
実際に、数社の買い取り業者に自分のピアノの型番等を連絡し査定を依頼して、実勢価格を自分でリサーチするしか方法はないようです。
なるべく多くから見積をとり、自分のピアノを扱うのを得意としている業者を見つけましょう。

059787

大事に育てた娘の結婚が決まりました。
その時、娘が習い事で使っていたピアノ、どうしましょうか。現在では、新婚夫婦は自分たちの住むためのアパートやマンションを借りて住むのが一般的だと思います。
そうすると、電子ピアノならともかく、アコーステックのアップライトピアノを置くのは難しいのではないでしょうか。
マンションだと、間口や運搬への不安が残るものの、置くこと自体は可能かもしれませんが、アパートだと床板の痛みが心配ですし、そもそも規約でピアノは置けない規定がなされているところも多いです。
そこで今回は、ピアノの保管場所について考えていきます。

実家に置いておく

置き場所をとりますが、これは昔から置いてあったものだからつぶるとして。
引く人がいなくても調律はしなくてはなりません。
というのもピアノは木で出来ているため、温度や湿度の変化に敏感で、極度の乾燥や湿度にあたると内部の部品が破損する可能性があるため、音程を調整するという目的ではなく、ピアノの維持管理のため調律師に来てもらう必要があるのです。
できれば、人があまりではいりしない部屋の窓の近くでない場所に保管しましょう。

059787

トランクルームに入れる

ピアノ専門のトランクルームがあり、月5000円程度から利用することができます。
温度や湿度が管理されているため、ピアノの保管にはベストな環境です。
ただ、時間の経過とともに弦が切れたり、内部の布に虫が繁殖する可能性があるために、何年もそのままにしておいてもいいわけではありません。
定期的に調律などのメンテナンスが必要です。

思い切って処分する

子供の思い出のピアノを売るのは心苦しいですよね。
孫ができればこのピアノでレッスンを受けさせたいと思われるかもしれません。
だけど長年誰も弾かないピアノは傷みやすく、買った当初から30年も経てば弦の全面張替えや鍵盤の交換などの必要性が生じ、数十万円もの費用がかかってきますし、老朽化により音質の保持も難しくなってきます。
そういったことを考えると、今あるピアノは中古ピアノの買い取り業者に処分を依頼し、次のユーザーに託してはどうでしょうか?
もし、この先孫ができたらその時、その子の好みに応じてまたピアノを買いなおしましょう。
状態の良い中古のピアノであればお値段もそんなにかさみません。
経済的な面で言うとこの方法が一番理にかなっています。

思い出のピアノはどうするまとめ

いかがでしたでしょうか。
コストや保守管理の手間などを考えると、思い切って処分することが一番良いということがわかります。
ただ、子供の思い出の品を処分するのは忍びないというお気持ちはお察しします。
ただ、思い出のピアノもずっと眠っていていつ使われるかわからないよりは、次のユーザーに使ってもらえたほうが本望なのではないでしょうか。

018340

 

あなたのピアノを新品で購入したとき、おいくらでしたか?
買ってから何年経ちましたか?今の価値はいくらでしょうか?ピアノも車や家と同じように、年数が経つごとに価値が下がっていきます。
中古ピアノ買い取り業者に依頼すると、インターネットで簡単にあなたのピアノの査定価格をチェックすることができます。

査定価格は、買い取り業者によって大きく変わります。その差が倍以上になることも。ではなぜそんなに大きな差額が出るのでしょうか。

販売ルートの違い

中古ピアノの販売ルートは、国内のみ、海外のみ、国内と海外の両方の3パターンあります。
国内の販売ルートだと圧倒的に国内ブランドであるヤマハやカワイが強いと言われています。
しかし、日本製のピアノは黒いものが多く、ヨーロッパをはじめ他国では木目を生かした茶色や深い赤色のようなものが一般的で黒いものは好みがわかれるため海外では人気が出づらいようです。
そのため、販売ルートによって、査定価格に差が出るようです。

お客さんからのリクエスト

買い取り希望のお客さんからブランドや型番等の指定があり、ちょうどそれに当てはまるものがあると高値がつきます。
これは業者云々というより、運次第になります。
また、ブランドによっては流行などもあるようです。
では、低い査定でピアノを売ってしまわないために、どうしたらいいでしょうか。

ピアノ買い替え時の交渉

ピアノの買い替えに伴うピアノの売却には、買い取り価格を高めに設定してくることがあるようです。
買う業者と売る業者を同じところにして、交渉するといいようです。

査定価格を比較して数万円UP

査定の時点で、「他社の査定価格と比べて、当社の方が安ければお申し出ください」と某家電屋さんのようなことをメールしてくる業者もいます。
この場合、その会社独自の基準というよりは他社の値段を参考に買い取り価格の提示を行っているため、他社の値段を参考にしつつ、すこしふっかけてみると意外とOKかもしれません。
とにかく多くの会社に査定を依頼し、自分のピアノの現在の妥当な価値を見いだせるようにして交渉に備えましょう。

時間差で査定を依頼

先程の説明の通り、お客さんからリクエストがあれば、少し古めだったり普段は人気があまりないブランドのものでも形勢逆転がありえます。
また、倉庫の在庫状況によっても異なります。通常古くなると価値が下がっていくものではありますので、何年も置いておくわけには行きませんが少し時間を空けて何度か査定をしてみるのもひとつの手です。

中古ピアノ買い取り査定の差額まとめ

新品のピアノ、いくらしましたか?アップライトのピアノであれば40万円から100万円程度のものを買われるのが一般的かと思います。
だけど、5年後には査定価格は10%程度になっていたりします。少しでも査定価格を上げたいなら、手間を惜しまずぜひやれるだけのことをやってみましょう。
あなたの努力次第で数万円単位の差額が出るかもしれません。

022502

もちろん、家や現預金に関しては、一番トラブルが発生しやすいものですし、法律にもその分配方法が定められており、また、弁護士や税理士などの専門家の助言を仰ぐことができます。
しかし、意外に面倒なのが、大型の家具やピアノの取り扱いです。相続時のピアノの取り扱いを考えていきたいと思います。

ピアノを引き取る場合

ピアノを相続する場合は、製造年や買った時の値段などを勘案して価値が決定され、その分を現金で相続したのと同じように計算され相続税がかかる場合があります。
ただし、現金や土地家屋と同じく、「課税価格の合計額−基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=課税遺産総額」という計算式が用いられるため、相続税が全くかからない場合もあります。

ピアノを処分する場合

ピアノを買い取り業者に引取りを依頼して処分する場合は、人気の国産ブランドのヤマハやカワイのもので40年ほど前までのものなら値が付きますがせいぜい1万円から数万円程度、もっと古いものや需要の少ない海外製ブランドのものだと処分費用を請求される場合があります。
買い取り価格が付いた場合はその額を遺産にたしますし、処分費用が請求された場合はその額を遺産から差し引くことになります。
ピアノは、新品で買っても自宅に搬入した時点で価値が三分の一になるとも言われ、中古ピアノは一般的に値段が付きにくいです。
そのため、相続で購入時の値段を参考に価値を選定されると中古ピアノには不釣合いな高額査定となってしまう可能性があります。

番外編 以前おじいちゃんに買ってもらったピアノ、生前贈与になる?

そのピアノ買値はいくらでしたか?年に110万円までなら生前贈与でも税金はかかりません。
額や時期によってはさかのぼって贈与税を請求される場合があります。
また現在、祖父母から孫への贈与は教育費としてなら一人1500万円までなら非課税になる制度があります。
孫名義の銀行口座の開設や、金融機関への領収書の提出・チェックを済ませなければいけないなど所定の条件があります。
祖父母にピアノを買ってもらう場合は、税金対策もしっかり考えておきましょう。

ピアノの相続まとめ

ピアノの相続について、お分かりいただけたでしょうか。
相続というだけでもややこしいのに、ピアノは運搬や買い取りにも手間がかかるため、扱いがなかなか厄介です。
ピアノの使用頻度があまり高くないならば、相続の問題が起こる前にあらかじめ処遇を決めておくのがベターですね。